事業内容

3DCAD設計

当社では、早くから三次元設計が今後の主流となる事を確信し、業界に先駆けて3DCADを導入しました。現在は3DCADソフト「CATIA」と「SolidWorks」使用し、設計業務の効率化と品質性の向上を実現させています。早い段階から三次元データに対応し、幅広い案件に3DCADソフトを使いこなしていたからこそ、当社は蓄積されたノウハウあります。数年前のデータも全て三次元データで残っているため、時間短縮もできコストダウンが図れるというメリットも。主に設計を手掛ける業務用洗濯機・乾燥機においては、格納する製品図面があれば当社で展開。お客様の時間や手間を極力省き、完成品をお届けします。

ss-360

鈑金加工

高い技術力と経験が要求される「鈑金加工」において、当社は創業当初より高い評価を得てきました。 熟練した職人による「特殊成形技術」と「金型技術」の組み合わせにより、幅広いご要望に対応。本社福富工場には、金属を正確に切断する「パンチレーザー複合加工機」と金属を決められた角度で曲げていく「ハイブリッドベンダー」を導入。“速く”“正確”“高品位”な加工を実現します。
また社内には3DCADを扱う設計士もいるため、最新の技術と匠の技の融合によって、より精密性の高い製品を造り出す事が可能になっています。海外で生産される安価な量産品とは違う、“ものづくり日本”を支えてきた技術力にお任せください。

002

製缶・溶接

製缶は、これまで培ってきた製造技術のノウハウを取り入れて、業務用洗濯機(6種類)・業務用乾燥機(4種類)の製造に力を注ぎ、私達の高い溶接技術を持って精度の高い完製品にして納め、お客様から高い評価を得て躍進中です。
製缶では溶接作業はJIG溶接、アルミニュウム溶接等を熟練作業者が行っていますが、やりづらい溶接作業等はいち早くロボットを導入し3台を駆使して作業者負担の軽減を図っています。リベットでの取付作業は女性でも直ぐに覚えられて活躍しています。組立後の仕上げ作業をグラインダーを使用して溶接部位を磨き、検査作業は治具を使用して寸法を確認して塗装工程に渡し短期間で製品を造り出しています。
又今まで注文を受けているパレット製造にも私達の物造りが込められていてお客様から信頼を受けて製品を造り続けています。

106

塗装

溶剤塗装・粉体塗装を主体に金属材料への塗装を行っており、大型製品への対応も可能な充実した設備を揃えています。粉体塗装とは、粉末状の塗料を金属へ直接吹き付け、高温焼付で塗膜を形成する塗装方法です。シンナーなどの有機溶剤を媒体としないため、環境にも人にもクリーンなのが大きな特徴です。当社では静電気を利用して塗料を付着させる「静電気粉体塗装法」を採用しており、飛散塗料が少なくコスト削減が図れる上、ムラのない美しい仕上がりで、質の高い製品を作りだすことができます。屋外で使用する製品には、耐候性に優れたポリエステル系塗料を使用するなど、様々なニーズに対応すべく高品質・多色の塗料をご用意。もちろん従来通りの溶剤塗装も承っています。
当社で設計・機械加工・組み立て・溶接をしたパレットは、最終段階である塗装でも手を抜きません。他社よりも、またこれまでの当社よりもワンランク上の製品を作り続けること。それがお客様に喜ばれるものづくりに必要不可欠だと感じています。

245

ページのトップへ